半人前技術者の成長記

挫折と妄想を膨らませながら成長するだろう技術者の日記

DB

MariaDBでデータの保存先の変更

投稿日:

背景

yumでインストールしたMariaDBでDBファイルの保存先を任意場所に変えるためにmy.cnfのdatadirの設定を
書いて、デーモンを再起動しても失敗しました。
調べて見るとyumでインストールしたMariaDBはファイルの保存先を変更できないように設定されていました。
備忘録として、対処方法を書きました。

対処方法

  1. サービスファイルの設定を変更

変更するファイル: /usr/lib/systemd/system/mariadb.service

【変更後】

ProtectHome=true

【変更後】

ProtectHome=false
  1. systemdの再読込

変更内容を反映するために以下のコマンドを実行する。

# systemctl reload
  1. デーモンの再起動

MariaDBを再起動する

# systemctl start mariadb.service

pc

pc

-DB
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

MySQL5.1 文字化け

MySQLの文字化けにハマったので備忘録として残します。 UTF-8の場合の設定は、下記の設定をmy.iniに追加します。 [client] default-character-set=utf8 [m …

no image

MySQLのパスワード変更

MySQLのrootのパスワード変更方法です。 2通りの方法があります。 【方法1:SQLで変更】 mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD(&# …

no image

DBからテーブル構造を作成する

既にあるDBからテーブル構造を抜き出す方法です。 利用するツール MySQLWorkBench 事前準備 対象のデータベースにアクセスできるアカウントを作成 必要に応じて、ファイヤウォール、SELin …

no image

mackerel(マカレル)のプラグイン追加

Saas型のサーバの負荷、死活監視サービスのmackerel(以下、マカレル)の公式プラグインをインストール手順です。 追加したプラグインは、以下の点になります。 1.Apache 2.MySQL プ …

no image

TIMESTAMPのINSERTで変換エラー

TIMESTAMPを利用したカラムからデータをSELECTした時に “0000/00/00 00:00:00″のために変換できないというエラーが発生する。 これは、JDBCのコ …

右上部広告